帽子・ヘルメット

帽子・ヘルメット

抜け毛 帽子

ヘルメットや帽子を長時間かぶっていると、抜け毛を増やす原因になってしまいます。
これは機械性脱毛症あるいは圧迫性脱毛症とよばれます。

機械性脱毛症が抜け毛を誘発してしまう原因というのはふたつあり、ひとつ目に帽子やヘルメットの中が蒸れてしまうことが原因になります。

 

ヘルメットや帽子は抜け毛につながる

蒸れた状態は、細菌が好む環境を作ってしまうため、繁殖を促すことになってしまい、細菌が繁殖してしまうと、毛穴をふさいでしまいますので新しい髪が生えて来るのを阻害する原因になります。

ヘルメットや帽子などが頭皮を締め付けてしまい、血行を悪化させてしまい髪への栄養は血液によって運ばれているのですから、抜け毛の原因になってしまいます。

仕事柄ヘルメットや帽子をどうしても外せない、例えば警察官、工事現場で働く人々、自動車の運転手など、こういった職業の方は、実際に薄毛が多いという話があります。

仕事で帽子は必要なのだから、仕方がないと諦める必要はありません。
対策としてはできるだけ帽子ヘルメットを外す時間を増やすことです。

帽子を外した後は、頭皮のマッサージをしておくことやシャンプーは毎日行って頭皮を清潔に保つなどの対応で解決できます。
また、女性の場合にはポニーテールをすることで、長時間頭皮の同じ場所を引いてしまうと、同じ症状があわられる場合がありますから注意してください。

 

抜け毛を防止する