ドライヤーの使い方

ドライヤーの使い方

抜け毛 ドライヤー

抜け毛を予防対策するには、ドライヤーの使い方は重要です。
ドライヤーの熱は髪の毛に悪い影響を与える可能性があり、髪の毛は三重構造になっていて中心から毛髄質、毛皮質、一番外側にあるのが、キューティクルと呼ばれる毛小皮です。

ドライヤーの熱によって一番影響を受けるのはキューティクルです。
キューティクルは約70度以上になると破壊されてしまい破壊されてしまえばもう元にもどることはありません。

 

抜け毛とドライヤー

キューティクルが傷むといういことは、髪の毛が傷み枝毛や切れ毛などの原因になってしまいます。
髪の毛が弱く細くなっていればいるほど抜け毛になってしまう可能性は高くなります。
洗髪後に、タオルドライを行った後は自然に乾燥させてもよいですが、ドライヤーを使う必要がある場合も多々あります。
抜け毛対策のため、ドライヤーを使う時のコツをおぼえましょう。

せっかちな人は高温でドライヤーを使おうとしてしまいますが、それではキューティクルを傷め抜け毛を増やしてしまいます。
ドライヤーを使う時には、多少時間がかかっても髪の毛が高温にさらされないようにする必要があります。
具体的には、ドライヤーを髪に近づけすぎないこと、10p以上は離し風速温度共に強ではなく弱の設定で使うことです。
乾かすのは根元から毛先へと乾かした方が効率よく乾かすことができます。

洗髪後の髪の乾燥以外でも、髪のスタイリングの時などには髪を湿らせてドライヤーを使うことも重要です。
髪を湿らせるのは水でもよいですし、ムースやローションを使ったりするとよいです。
髪は乾燥にも弱い性質がありますから、特に乾燥した季節のドライヤーの使い方には気をつけるようにしましょう。

 

抜け毛を防止する